Microsoft認定技術者の入門編
Microsoft Certified Professional(MCP)

オススメ度:★★★★難易度:★★★

Microsoft Certified Professional(MCP)とは

Microsoft製品に関して、高度な理解と活用力を身につけていることを証明する、世界共通の資格です。
Microsoft Certified Professional(MCP)の試験に合格すると、Microsoft認定技術者として認定されます。
厳密には「Microsoft Certified Professional(MCP)」という試験科目があるわけではなく、「Microsoft Certified Professional(MCP)」と呼ばれるグループのたくさんの試験の中からどれか1つに合格するとMicrosoft Certified Professional(MCP)の称号が得られます。
複数合格すると、さらに上級の称号が与えられます。

ビジネスでの活用場面

Microsoft製品全般への技術力を証明する資格なので、システムエンジニアに就転職を目指す人にとても有利になります。
また現役のシステムエンジニアが自分の業務知識を確認するために受験することもあります。
ネットワーク関係の仕事に興味がある方におすすめの資格です。

ページTOP