エクセルで聞く「オブジェクト」って何を指すの?

エクセルの使用にも慣れてきた頃、「オブジェクト」という単語を聞くこともあるかと思います。ちょっと難しいエクセルの参考書や難しい用語を使ったエクセルの解説記事など…たまに見かけるけど「オブジェクト」って一体何だろう?と思った方の為に、今回の記事ではエクセルの「オブジェクト」とは何のことなのか、解説して行きましょう。

「オブジェクト」と言っても幅広い

エクセルで「オブジェクト」と言っても様々なものがあります。エクセルのワークシート上で使われる「オブジェクト」と呼ばれるものもあれば、プログラミング用語でも「オブジェクト」が使われます。

オブジェクトを辞書で引くと、「対象」「客観」という意味になります。ここから、簡単に述べるとエクセルやプログラミングでは「オブジェクト」と言うのは作業を行う「対象」ということになります。

ここからはエクセルのワークシートと、プログラミングのオブジェクトを別々に見て行きましょう。

エクセルワークシートの「オブジェクト」

エクセルで「オブジェクト」と呼ばれるものは、一般的には次のようなものになります。

  • 図形
  • グラフ
  • スマートアート
  • ファイル

ワークシート上に挿入できるものが基本的には「オブジェクト」と言われるようですね。セルに挿入するのではなく、ワークシート上で自由に移動が出来るもの、と覚えておくと良いでしょう。

プログラミングで使われる「オブジェクト」

上に挙げたものとは別に、プログラミングで使われるエクセルの「オブジェクト」があります。VBA(Visual Basic for Applications)と言われるエクセルやワードなどソフトの拡張機能があるのですが、VBAで指す「オブジェクト」はエクセルのワークシート上の「オブジェクト」とはまたちょっと違ってきます。VBAに関しては以下の記事で詳しく説明しているので、興味がある方は是非読んでみましょう。

IT用語として「オブジェクト」という単語を使うとなると、こちらのプログラミング用語として使われることが殆どです。プログラムを作る際に手順よりも「対象」に目を向けることをオブジェクト指向とも言います。

図やファイルなどの「オブジェクト」の挿入の仕方は?

ここからは、エクセルワークシート上で図やグラフなどの「オブジェクト」を挿入する方法について説明して行きましょう。

まずは「図形」の挿入の仕方ですが、次の記事を参考にしてみて下さい。

こちらの記事はワードでの図形の挿入の手順ですが、エクセルでも手順はほぼ変わりません。エクセルでの「図形」や「グラフ」はホームタブ「挿入」の次の個所から挿入することが出来ます。

挿入

次に、エクセルのワークシート上で他のワードやエクセルのファイル、メールなどを「オブジェクト」として挿入する方法をご紹介します。今回はワードのファイルを挿入してみましょう。

ホームタブ「挿入」から「テキスト」→「オブジェクト」を選択します。

「テキスト」→「オブジェクト」を選択

「ファイルから」の「参照」より挿入したいファイルを選択します。

挿入したいファイルを選択

選択出来たら「OK」を押しましょう。

「OK」を押す

挿入出来ました。このオブジェクトはシート内で移動も可能な上、選択すればエクセルの画面上でもワードの編集が可能となります。もちろん、ワードからエクセルにも同様に挿入することが出来ます。

ワードの編集も可能

エクセルやプログラミングを学びたい

エクセルの「オブジェクト」に関して説明してきましたが、いかがでしたか?もし、プログラミングでの「オブジェクト」での知識を求めていた方だと、ちょっと違ったな…と感じられたかもしれません。

今回の記事にたどり着いた方は「エクセル オブジェクト」等で検索されたと思いますが、なかなか自分の求めている知識をネットから簡単に探す…というのは、難しい知識になればなるほど難しくなってきます。

そこでエクセルやプログラミングについて学びたい…と思ったときに有効なのは、「スクールで基礎から学ぶ」という事です。ネットの知識をツギハギで覚えていると、いざという時に応用も効きにくいです。

当スクールでは、エクセルだけでも習熟度に合わせて次のようなコースをご用意しています。

それ以外にも「Excelプロフェッショナルコース」や、MOSや日商PC検定などの資格対策コースもレベルに合わせてご用意しているので、自分の目的に合ったコースが見つかるでしょう。

もちろん、プログラミングに関しても複数のコースをご用意しています。子供向け「キッズプログラミング」に関するコースや、今回ご紹介したVBAとエクセルを組み合わせたコースなど、様々なコースから選ぶことが出来ます。

もし今回の記事が自分が知りたいことではなかった…と思った方や、ネットで調べているけどイマイチ良く覚えられない…と感じることが多い方は是非スクールで基礎から学んでみて下さい。いちいち調べる手間が減るだけでも、スキルアップにつながりますよ。