「1on1(ワンオンワン)」のやり方を覚えて効率のいいミーティングを!

「1on1(ワンオンワン)」という単語、聞いたことがある方も居るでしょう?「バスケの試合の方法?」と思われるかもしれませんが、今回の記事では、ビジネスシーンにおいて最近注目されている「1on1ミーティング」についてご紹介していきます。

「1on1ミーティングって何?」「1on1ミーティングってどういうやり方?」など、現在の社内環境に不安な点があるけど、具体的にどうしたら良いかわからない…という方向けに「1on1ミーティング」のやり方について、ポイント別に説明して行きましょう。

全てのビジネスシーンにおいて「1on1ミーティング」が有効、とは限りませんが、今注目されているこちらの手法、やり方を覚えておくのは決して損ではないはずですよ。

1on1ミーティングって?

1on1をしているイメージイラスト

まずは「1on1ミーティング」って、何となくは解るけれど…という方向けに、簡単に「1on1ミーティング」について説明して行きましょう。もちろん、1on1ミーティングに限らず「ミーティング」というものは奥が深いので、ここで説明することが全て!という訳ではないのは頭に置いておいて頂けると嬉しいです。

その名の通り「1対1のミーティング」

複数の人数ではなく、「1対1」で対話する形式のミーティング、と言えば簡単なのですが、「それって個人面談じゃない?」と思われる方も居るでしょう。

ここでポイントとなるのはあくまでも「ミーティング」という所。ミーティングの日本語訳に「会議」があるように、「お互いが話し合う・意見を出し合う」というのが「1on1ミーティング」となります。

基本的には「管理職(上司)対部下」

後ほど「1on1ミーティングのメリット」でも解説しますが、1on1ミーティングは「人材育成」に有効な手段と言われています。そのため、「管理職(上司)=指導する側」と「部下=指導される側」で対話する形が基本となります。

もちろん、同期同士てプロジェクトを進めている時…など例外もありますが、1on1ミーティングのやり方は様々なシーンで役に立つことが多いです。ビジネスシーン以外にも役に立つことがあるかもしれませんよ。

基本的な対話力のスキルを上げたい、と感じている方はこちらの講座もおススメです。

離職を防ぐ効果もある

離職の理由の一つに挙げられるのが「人間関係」です。1on1ミーティングを行う事によって、日々の不満や仕事に関する悩みなどを話す機会を設けることが出来るので、1on1ミーティングを取り入れた企業の中には「離職率が減った」という声もあります。

1on1ミーティングのメリット

1on1をしているイメージイラスト

ここからは「1on1ミーティングのメリット」に関して解説して行きましょう。もちろんこのようなメリットを引き起こすやり方は1on1ミーティング以外にもあります。しかし、少人数でコストもかからず取り入れやすい、という点で1on1ミーティングを始めているという方も多いようです。

人材育成に適している

先ほども少し触れましたが、「人材育成」をするにあたって1on1ミーティングは非常に有効です。「大勢の前で意見を言う事が苦手…でも、1対1なら話せる…」「いいアイディアが浮かんだけれど発案する場がない…」など、部下が抱えている悩みを引き出しやすいのが1on1ミーティングのメリットの一つです。

部下の将来のビジョンなど、普段業務を行っているだけでは引き出せないようなことを対話によって引き出せるので通常よりも人材育成に有効な手段と言えます。

親密な信頼関係を築きやすい

普段の業務内容だけでは、どうしても信頼関係を築く、と言ってもなかなか難しいものです。だからと言って業務外の時間を使ってまでのコミュニケーションは部下にとって負担になる場合もありますね。

そこで1on1ミーティングを行う事によって、普段の業務とは違うコミュニケーションを取る機会が得られます。もちろん基本は業務の内容となるとは思いますが、雑談も少し含めたりして普段話せないようなことを話してみるのもいいかも知れません。

社内の空気を把握しやすくなる

スタッフの人数が多くなるほど、コミュニケーション不足や報連相が上手くいかない…など様々な問題が発生します。しかし社内全体の空気をすべて把握する、というのはなかなか難しいもの。

そこで社員一人一人とミーティングを行う事により、個人の問題だけでなく社内全体の空気を把握しやすくなるでしょう。社員同士の人間関係の悩みなど、言いにくいことも1対1なら話しやすくなりますね。

何よりもコミュニケーションの場となる

業務が忙しかったり、ランチタイムを一緒に過ごす機会が無かったり、忘年会などの社内イベントが全くなかったり…となると、社員同士がコミュニケーションを取る場が全く無くなってしまいます。

特に最近では「リモートワーク」が中心となりつつあるため、更にコミュニケーションの場が減りつつありますね。そんな時1on1ミーティングはリモートでも行うことが出来るコミュニケーションの一つとして取り入れやすいのでは無いでしょうか?

リモートでのミーティングを検討していて、リモートワークで良く使われる「Zoom」の導入を考えている方には、管理者向けに利用方法が学べるこちらの講座もご用意しています。

1on1ミーティングで失敗しがちなポイント

1on1をしているイメージイラスト

良い社内環境を作るために有効な手段とされる1on1ミーティングではありますが、ポイントを押さえておかないと失敗してしまう事があります。ここからは1on1ミーティングを行うにあたって注意すべきことに注目していきましょう。

事前の準備を怠ってしまう

さあ!1on1ミーティングをしてみよう!と思っても、いきなり始めてしまうのはNGです。何も準備をせずに始めても意味がありません。ミーティングを行う環境を考えるのも重要ですし、お互いがミーティングを行えるぐらい余裕がある状態なのかを確認しておかなくてはなりません。

「目的」を見失ってしまう

1on1ミーティングを行うにあたって、「目的」を決めておくのが重要となります。例えば、「今行っているプロジェクトの問題点を見つける」「来月の目標を立てる」など、些細な事でも構いません。全く「目的」が無い状態でミーティングを行ってしまうと、ただの雑談だけになってしまったり、会話の終着点が見つけられなくなってしまいます。

一方的な会話になってしまう

1on1ミーティングは「お互いの意見を出し合う」と説明しましたが、上司側がやりがちなミスとしてよく見られるのが「一方的な会話になってしまう」です。

1対1で話す機会がなかなかないから、この機会にいろんなことを話しておこう!と意気込んでしまうと、つい一方的に話しがちになってしまいます。あくまでもミーティングは「会議」をする場なので、相手の意見にもきちんと耳を傾けるが重要となります。

ミーティングを次に生かせない

1on1ミーティング行う事は非常に良いことではありますが、「やって終わり」にしてしまっては何の意味もありません。ミーティングで挙げられた問題点をきちんと見直すことがとても重要です。再度1on1ミーティングを行う機会を設け、「前回のミーティングの問題点の見直し」を目的にするというのも一つの手段です。

1on1ミーティングに必要なスキル

1on1をしているイメージイラスト

1on1ミーティングを行うメリットや、注意すべきポイントについて説明してきましたが、1on1ミーティングを行うためにも「ビジネススキル」がいくつか必要となってきます。スキル不足で1on1ミーティングを行っても、時間の無駄になってしまう場合もあります。

コミュニケーションスキル

まずは基本となる「コミュニケーションスキル」。一方的な会話にならないようにするテクニックや、相手の言葉をうまく引き出すテクニックなど、1on1ミーティング以外にも役に立つ場面が沢山あります。ビジネスシーンにおいてコミュニケーションは非常に重要なスキルの一つですね。

当スクールでは「対話力養成講座」という形でコミュニケーションを学べる講座をご用意しています。会話のコツを効率よく学べるのでおススメの講座ですよ。

ティーチング・コーチングスキル

続いて、こちらの「ティーチング・コーチングスキル」は特に上司側が身に着けておくべきスキルとなります。ティーチング・コーチングについての詳しい説明は割愛しますが、「教える事」に特化したスキルとなります。

上司と部下が話し合う1on1ミーティングの場で、上司から部下に「教える事」が出てくる場面はたくさんあるでしょう。その時、上司が学んでほしいことをきちんと伝えられないというのは効率が悪いですね。

ティーチングに関して深く学んでみたい、という方はこちらの講座をおススメしています。


ロジカルシンキング

「ロジカルシンキング」という言葉を聞いたことはありますか?ロジカルシンキングとは、難しいものを単純にし、構造化(誰が見てもわかりやすく)することで、物事を効率的に考える上で大切な思考法です。

いくら1on1ミーティングの場とはいえ、お互いに伝えたいことは相手に解りやすく伝えなくてはなりません。伝えるのが相手1人だけなので「後から他の人に確認する」ことも出来ませんし、ミーティングの内容を何度も確認する、というのはお互いに疲れてしまいます。

「ロジカルシンキング」のスキルをきちんと学んでおくと、1on1ミーティングの効率もUPする上、他の業務にも役立つ点が多数あります。当スクールでは「ロジカルシンキング」を学べる講座もご用意しています。


「コミュニケーション」はスクールで学ぶのが効率が良い

1on1をしているイメージイラスト

今回の記事では「1on1ミーティングのやり方」についてお話ししましたがいかがでしたか?1on1ミーティングがどんなものか、は解ったけれど、具体的にどういうやり方が有効なの?コミュニケーションスキルはどうやって学ぶのがいいの?などと疑問点が生まれた方も居るのではないでしょうか。

どうしても、記事だけで1on1ミーティングについての説明をする、というのは難しくなってしまいます。もしこの記事を読んで「もっと1on1ミーティングについて学びたい!」「部下との関係を良くしたい!」などと興味が沸いた方は、先に挙げた当スクールの「コミュニケーション」に特化した講座の受講をおススメします。

ビジネスシーンで起こりうる様々な悩みに対応できる講座をご用意しているので、是非気になった方は当スクールの講座案内もご覧になってみて下さいね。