【人材育成】コーチングとティーチング、違いを知って育成に役立てよう!

人材育成に携わるとき「コーチング」と「ティーチング」という単語を耳にしたことがある方も居るでしょう。しかし、意味は?と聞かれて正確に答えることが出来るという方は少ないかもしれません。言葉のニュアンスから「教える」という意味を指すのだという事は読み取れますが、具体的に何が違うの?という事について今回の記事では説明していきましょう。

コーチングとティーチングについて学ぶことにより、あなた自身のスキルアップにも繋がる上に人材育成能力アップにも繋がります。人材育成で思い悩むことがある方は、是非「コーチング」と「ティーチング」について今回の記事で学んでみて下さい。

コーチングとティーチングの大きな違いは「答えはどこに?」

黒板の画像

コーチングとティーチング、大きな違いとしては「答えがどこにあるか?」という事です。それだけ言われると、どういうこと?答えって場所があるの?と思われるでしょう。ここからはコーチングとティーチング、それぞれの「答えの場所」について説明していきましょう。

コーチングの答え

コーチングの答えは「教わる側」にあるとイメージしてみて下さい。その「教わる側」の中にある「答え」を「引き出す」と言うのが「コーチング」です。もちろん、答えを引き出すために色々な指導をする事が必要となりますが、あくまでも「教わる側」が「答え」を持っているという前提で指導する、というのが「コーチング」になります。

ティーチングの答え

ティーチングの答えとしては「教える側」に「答え」があり、その答えを「教わる側」に「伝える」といイメージです。「教える側」が持っている「答え」を、「教わる側」が同じように説明・理解できるようにすると言うのが「ティーチング」になります。

コーチングとティーチングのメリット

教育をしているイラスト

コーチングとティーチングにはそれぞれのメリットがあります。それぞれのメリットを把握することにより、人材育成をする際に役立てることが出来るでしょう。

コーチングのメリット

まずはコーチングのメリットについて説明しましょう。もちろん、ここに挙げた以外にもコーチングには多数のメリットがあります。

1対1の指導に有効

「教わる側」の中にある答えを引き出すという手法のコーチング。相手のスキルアップのために自らの知識・スキルを使って答えを引き出すという手法は、1対1の指導にとても有効でしょう。1対1で相手との対話によりじっくりと指導できるという点が大きなメリットとなります。

「自分で考える」力を身につかせることができる

「答え」を「教える」ではなく「引き出す」というのがコーチングのポイントです。そのため、「答え」を見つけるのは「教わる側」となります。答えを見つけるために「教わる側」は自分で考えることが必須となります。「教える側」はあくまでもそのサポートをするという立場のため、「教わる側」は自分で考えるという力を身に着けることが出来ますね。

ティーチングのメリット

ティーチングにも、もちろんメリットがあります。コーチングとティーチングのメリットを学ぶことにより、適材適所でコーチングとティーチングを有効活用することが出来るでしょう。

自身のスキルを活かしやすい

ティーチングは基本「教える側」の中にある知識やスキルを使って行うものです。なので、自身が持っている知識やスキルを存分に発揮することが出来ます。もともと自身の中にある知識やスキルを使用することが出来るので、「教える側」の事前準備の負担が少なくなるのもメリットの一つでしょう。

「答え」がわかっている

ティーチングの大きなメリットと言えるのが、「答え」が既に解っているという事でしょう。答えを模索することもなく、自身が理解している事を伝えるので教える側にとってはメリットとなります。また、研修などでティーチングが行われる場合にはマニュアルが用意してあることが殆どなので、「答え」が明確というのはティーチングのメリットですね。

コーチングとティーチングのデメリット

Q&Aのイラスト

コーチングとティーチング、メリットが有るならば当然デメリットもあります。メリットばかりに目を向けるのではなく、デメリットもきちんと把握することによってより理解を深めることが出来るでしょう。

コーチングのデメリット

まずはコーチングのデメリットに関して説明して行きます。もちろんここに記載したものに限らず、場面によって様々なデメリットが発生する可能性があるので注意しましょう。

相手のスキルに左右される

コーチングはあくまでも「教わる側」のスキルが主体となります。「教わる側」の理解力・モチベーションによってコーチングの進み具合が変わってきます。また、「答え」を見つける為に必要なスキルが伴っていないと、「教える側」の負担が大きくなる場合があります。

効果を実感するまでに時間がかかる場合がある

これは先に述べた「相手のスキルに左右される」と関連するものとなりますが、相手から答えを「引き出す」というのはそう簡単に出来るものではありません。「教える側」のコーチングスキルの高さにもよりますが、短期間での成長を期待するのは難しいでしょう。根気強く相手と向き合って指導していく必要があります。

多人数には向かない

相手と向き合ってじっくりと行う、という方法が有効なコーチングは、多人数への指導にはあまり向きません。なぜならこれも「相手のスキルに左右される」というのが大きく影響されるためです。スキルや理解力はどうしても個人差が出てしまうものです。そのため、多人数を対象にコーチングを行うと、どうしても一人一人の能力を引き出す、というのは難しくなってしまいます。

ティーチングのデメリット

ティーチングのデメリットに関しても説明していきましょう。こちらで説明しているのはあくまでも一例であり、状況・場面によってデメリットは他にも発生します。

「教える側」への依存

ティーチングで起きやすいデメリットとして挙げられるのが「依存」です。ティーチングはあくまでも「教わる側」が受け身の体制となるので、「教える側」から学ぶことだけに意識が向きがちです。そのため、自身から何か発信したり考えたりする力が育ちにくくなり、「教える側」に依存する可能性が高くなります。

「教える側」のスキル以上を学ぶのは難しい

ティーチングはあくまでも「教える側」のスキルの範囲内での指導となります。さらに上を目指したい、となるとティーチングの後の「教わる側」の努力次第という形になります。コーチングの様に「教わる側」のスキルを育てる、というよりかは「教える側」主体となるという事を覚えておいてください。

「指導力」を習得するのは難しい

セミナーを表現したイラスト

コーチングとティーチング、それぞれは対人関係において「指導力」を必要とします。この「指導力」の高さは人材育成にとって必要不可欠なものとなるでしょう。

どちらを学べばいいの?

では実際に、「指導力」を身に着けるには「コーチング」と「ティーチング」のどちらを学べばいいのだろうか?と思った方はいるでしょうか。正解としては「時と場合による」となります。例えば「新人が目標を立てる」という事を指導する場合、「目標を立てる」というのは教わる側の「新人」となるので、適しているのは「コーチング」です。次に、「新しいマニュアルの説明」となると、マニュアルを把握している「教える側」主体となるので「ティーチング」が適していますね。

このように、「コーチング」と「ティーチング」を使用するには適材適所があります。どちらも学ぶのが一番良いことだと思いますが、あなた自身の職種・立場に合わせて学んでいくのが良いでしょう。

自然と身につくのには限界がある

いざ「指導力」を学ぼう、と思っても普段の業務もあるかと思います。「人材育成」を専門としているならまだしも、通常業務に加えての「人材育成」という業務が追加されるとなると、そちらにばかり時間を割くわけにはいきません。しかし、通常業務をこなすのに精一杯だと、「指導力」はあくまでも自身の経験上から学ぶことしかできず、スキルアップしていけるかどうかと考えると疑問が残ります。

「対人で学ぶ」事の大切さ

一対一の対人で会話をしているイラスト

職場で人材を指導する立場になった時、そのために研修をわざわざ設けてくれるという企業は多くないでしょう。そうなると、指導で行き詰まった時の為に、自身でも勉強しておくべきと感じることが有るのではないでしょうか?そのためにも、「指導力」を学ぶためにどうしたら良いか解説していきます。

書籍だけでは学べないことがある

隙間時間を利用して、と思ったり、手軽に学べるかもしれないと思い「書籍」を使って独学で学び始めようと思う方は多いかもしれません。もちろんそれも効率のいい学び方かもしれませんが、いざ実践してみよう、と思ったときにアドバイスをもらうことは出来ません。また、実際に対人で会話してみることにより学ぶことはとても多いです。細かい言葉のニュアンスを学んだり、自分の疑問点へのレスポンスの速さなど、対人で学ぶことにはメリットが多数あります。

スクールで「指導力」を高めよう

そこでおすすめするのが、人材育成に特化した「スクール」で学ぶことです。「指導力」に関するスペシャリストが揃った講師陣から、直接学ぶという事は独学で知識を詰め込むよりもはるかに有効に時間が使えます。スクールでは自分が学びたいスキルを中心に学ぶことも出来、人材育成に関しても事細かなサポートを受けることが出来ます。今回のような「コーチング」「ティーチング」に関しても、さらなる理解を深めることが出来るでしょう。

コーチングとティーチングは人材育成に必要不可欠

教室の写真

今回は「コーチング」と「ティーチング」の違いに関して説明させて頂きました。簡単に違いは「答えの場所」と述べましたが、それ以外にも様々な点で違いが生じます。それをひとつひとつ文章で説明してもなかなかインプットされにくいでしょう。尚且つ、「人材育成」にはコーチングをティーチング以外にも必要となる要素はたくさんあります。もし、自分の育成スキルを上げていきたいな、と思う場合は、効率よく学ぶことが出来る、当スクールでの人材育成に特化したコースの履修も考えてみて下さいね。

人材育成を学ぶコースはこちら