ワードで波線を描くにはどんな方法がある?「図形」を使った方法を紹介!

ワードを使用していて「波線」を描きたいと思ったとき、「図形」というタブを使用して描くことが出来ます。「波線」を使う機会はあまり無いかもしれませんが、「図形」の使い方を覚えていくとワードで出来る事の幅が広がります。今回の記事ではワードでの波線の描き方を細かく解説していきます。

ワードで波線を使うのはどんな時?

基本的にワードを使っていて、波線を使うという機会はあまり無いでしょう。しかし、ちょっと文字に装飾をしたい時や、大きめの画像を省略したい時などに使うことがあります。あまり使う機会が無いとは言っても、いざ使いたい!と思ったときに覚えていないといちいち検索する手間が出てしまうので、今回の記事で是非覚えてみて下さい。

基本の「図形」の使い方

波線を引くときに使うのが、「図形」という機能です。ホームタブ内の「挿入」の中に「図形」があるので、クリックすると次のような画面が表示されます。
図形の挿入
この中から描きたい図形を選ぶと、ワードの文章中に挿入することが出来ます。この「図形」の使い方を覚えておけば、波線にかぎらず様々な図形をワードの中に描くことが出来るので、ワードを使うにあたって覚えておくと大変便利な機能ですね。

実際に波線を引いてみる

では実際に波線を引いてみましょう。「図形」内にある「曲線」をクリックします。
「図形」内にある「曲線」をクリック
続いて、波線の頂点(次の画面の丸印)をクリックしていくと、曲線を引くことが出来ます。好きな長さまで描くことが出来たら、エンターキーを押すか、ダブルクリックすると描画されます。
クリックする位置を変えることによって、波線の間隔を狭くしたり、広くしたりすることが出来ます。
クリックで波線にできる
また、描いた後に変形することも可能です。描いた波線をクリックすると四隅と各辺に白い丸が表示されます。白い丸を移動させることによって図を小さくしたり、広げることが出来ます。
白い丸を移動させる
ホームタブ「描画ツール」:「書式」内にある「図形のスタイル」から、線の色を変えたり、陰影をつけることが出来るので、変化を付けたい時はこちらの機能も使ってみましょう。
図形のスタイル

等間隔な波線の引き方

これまでに説明した方法だと、フリーハンドで書く形になるので等間隔の波線にはなりません。なので、ここからは等間隔の、規則的な波線の描き方を説明していきましょう。
「グリッド線」と言われる線を表示し、それを目安に描いて行きます。本来ならば、ワードを使用している時に便箋のような補助線を表示するための機能ですが、今回は方眼紙のようなグリッド線を表示して、等間隔の波線を引きます。
まずはホームタブ「レイアウト」の中から「配置」を選択し、一番下の「グリッドの設定」を選択しましょう。
「グリッドの設定」を選択
すると次のような画面が表示されるので、「グリッド線を表示する」と「文字グリッド線を表示する間隔」にチェックを入れます。そして数字を入力する欄に同じ数字を入力しましょう。ちなみに「文字グリッド線」は縦の線、「行グリッド線」は横の線を差します。
数字を入力
今回は設定してある「2」で揃えて入力します。すると次のような方眼のグリッド線が表示されます。描きたい波線の幅に合わせて数値を大きくして下さい。
グリッド線が表示
その後は先ほどと同じ手順で、グリット線を基準に波線を引いていきましょう。グリット線の交差する点をクリックしていくイメージで波線を引いていくと、等間隔に引くことが出来ます。引きたい波線のイメージに合わせて、交差する点のクリックする位置を変えましょう。
点のクリックする位置を変える
グリッド線を消すときは、ホームタブ「レイアウト」→「配置」の「グリッド線の表示」のチェックを外しましょう。

もっとワードについて詳しくなりたいと思ったら

今回の記事ではワードの「図形」を使っての波線の引き方を紹介しました。引き方によって様々な使い方が出来るので、覚えておくと便利でしょう。最初にも説明しましたが、ワードでの「図形」は様々な使い方が出来ます。今回紹介した波線の引き方以外にも、テキストボックス、吹き出しやコネクト…といった様々な機能があります。記事で一つ一つを説明することは可能ですが、いざ頭の中にインプットするとなると、何度も記事を読み直さなくてはなりません。また、ネット上に上がっている情報が全て最新の正しいものとは限らないのも事実です。

正しいワードの知識を学ぼうとする場合、様々な方法があるでしょう。しかし独学では限界があります。そこで一度、スクールに通学してワードの基本から応用まで学び始めるというのはいかがでしょうか?ちょっとしたことなら調べれば済むし…と思ってしまうかもしれませんが、意外と作業のたびにネット検索や書籍を使って調べるというのは、時間も大変ロスしてしまいます。一度スクールで学ぶことにより、様々な応用も効き、正しい情報をインプットすることが出来ます。もし今回の記事を読んで、また学びなおしたいな…と思った方は是非スクールに通う事を検討してみて下さい。

Wordの基礎を学ぶ講座はこちら