wordに図を挿入するには?様々な図の挿入方法を紹介!【word】

wordで文章を入力することはできても、図形や写真を入れたりするにはどうしたら良いのだろう?という悩みがある方が今回の記事を読んでくださっているかと思います。この記事ではwordへ様々な図を挿入するにはどうしたら良いか、図形別に紹介していきます。何度も検索をしなくてもwordを使いこなすにはどうしたら良いかについても説明しているので、どうぞ最後まで読んでみて下さい。

簡単な図形を入れるには

wordを使用している時に、どうしても文字だけでは味気ない…もう少し見やすくしたいと思う事もあるでしょう。そんな時「図形」のタブを使いこなしていると、今までよりもより良い文章を作成することが出来ます。まずは、簡単な四角や星などの図形の挿入の仕方からおさらいしましょう。

ホームタブ「挿入」から「図形」を選択し、一覧から挿入したい形の図形を選択します。

挿入したい形の図形を選択

今回は角が丸い四角を挿入してみましょう。基本的にはどの図形も、入れたい場所から斜めにクリック→ドラッグをすると図形を作成する事が出来ます。大きさ・位置などは後からでも変更できるので大体の大きさで作成して大丈夫です。作成した図形は、ホームタブ「描画ツール・書式」の「図形のスタイル」から好きな色や線に変更する事が可能です。また、図形をクリックしてそのまま文字を入力すれば、文字も入力できます。

文字の入力

フォルダにある写真の入れ方

続いては、自分のパソコンの中にある写真や画像の挿入の仕方を説明していきます。こちらでもホームタブ「挿入」を使用します。「挿入」タブ内の「画像」をクリックし、「このデバイス…」をクリックすると、自分のパソコン内のデータが表示されます。

「このデバイス…」をクリック

挿入したい画像を選択

その中から挿入したい画像を選択します。自分が使いたい画像がどのフォルダに入っているかは確認しておきましょう。

「オンライン画像」を利用してみよう

文章を打っていて、何か画像を入れたくなったけれど、今自分のパソコンには画像が無い…なんて時もありますね。そんな時、「オンライン画像」を使うと、ネット上の画像を挿入することができます。以前のwordでは「クリップアート」と言われており、その名称ならば聞き覚えがある、という方も居るでしょう。
使い方はホームタブ「挿入」から「画像」をクリックし「オンライン画像」を選択します。すると次のような画面が表示されるので、検索窓で使用したい画像に関するワードを入力すると、沢山の画像が表示されます。

検索窓で検索

その中から好きな画像をクリックすると、文章内に挿入されます。この際、表示される画像の中には著作権が発生するものもあります。商業利用する際などには注意して下さい。

挿入した図形の変形・移動

挿入した図形がちょっと大きすぎたり、位置をずらしたい場合について説明していきましょう。図形を挿入すると、次のように表示されます。

白丸をドラッグ

挿入された図形の四隅と各辺に白い丸が表示されていますね。こちらをクリックし、ドラッグすると好きな大きさに変形することが出来ます。四隅の白い丸をドラッグするとそのまま縮尺・拡大し、各辺の白い丸をドラッグすると各辺だけ縮尺・拡大します。
また、画像の上にカーソルを移動すると、カーソルが十字カーソルに変化するのでそのままドラッグすると画像を移動することが出来ます。

文字の配置

いざ画像を移動させようとすると、動かない場合があります。それは「文字の配置」の設定によって解消することが出来ます。画像をクリックすると表示される、こちらのマークをクリックします。

レイアウトオプション

そして表示される「レイアウトオプション」の「文字列の折り返し」から、文字を配置したいイメージに近いものを選んでください。例えば「四角形」を選ぶと、画像の周りに文字を入れるイメージ、「狭く」を選ぶと画像に沿って文字が入るイメージ、といった感じでしょうか。実際に選択してみて、自分が入れたい画像のイメージに近いものを選びましょう。

ワードアートも便利な機能

wordに昔から搭載されている「ワードアート」はご存知でしょうか?「挿入」タブの中にある「ワードアート」という機能があります。

「挿入」タブをクリック

ワードアートが入る

こちらは選択するだけで装飾のついた文字が作成する事が出来、画像のように変形・移動出来ます。あまり使う機会は無いかもしれませんが、覚えておくと便利でしょう。

wordを使いこなすためには

今回はwordを使用する際に使う頻度も高い、「図の挿入の方法」について説明しましたが、いかかでしたか?決して難しい事ではありませんが、「文字の配置」など知識として頭の中に入っていないと困ってしまう場合もあります。wordを使いこなすにあたって、基礎的な知識はもちろん、応用が効かないと作業中に行き詰まってしまう事が多く出てきます。そのたびに調べて、というのも非常に効率が悪いので、一度スクールに通ってみるというのはどうでしょうか?スクールに通う事により、基礎はもちろん、応用まで学ぶことが出来るので、今よりも格段に作業効率が上がります。今回の記事を読んで、ちょっと難しいかな…と思った方は是非スクールに通う事も考えてみて下さいね。

Wordの基礎を学ぶ講座はこちら