グーグルで使えるエクセルって何のこと?

エクセルの基本操作も大分慣れてきて、これなら仕事でもある程度使えるかな…?と思っていたら、就職先では「Googleスプレッドシート」を使っていた…というパターンもあります。

「Googleスプレッドシート」って何!?と今までエクセルしか使用したことが無い方は思うかもしれません。しかし簡単に言えば、「Googleスプレッドシート」は「WEB上で使えるエクセル」という認識で問題ありません。

今までエクセルのことを勉強してきたのに、急に「Googleスプレッドシート」って言われても…という方の為に、今回の記事では「Googleスプレッドシート」について解説していきましょう。

「Googleスプレッドシート」とは?

最初にも説明しましたが、「Googleスプレッドシート」は簡単に言えば「WEB上で使えるエクセル」です。もちろん、細かい違いはありますが、「表計算ソフト」という点においては共通しています。

Googleではマイクロソフトオフィスソフトのように使えるWEBアプリケーションがいくつかあります。「WEB上で使える」という点において、テレワークやオンライン業務が増えつつある昨今、取り入れている企業も多くなってきているでしょう。

noaではそんな「リモートワーク」に特化しているコースもご用意しています。GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントを使いこなしたい!という方はこちらのコースの受講をおすすめしています。

ここからは、「Googleスプレッドシート」を選ぶ理由・使用するメリットについていくつか説明していきましょう。

エクセルではなく「Googleスプレッドシート」を選ぶ理由

タブレットに資料をまとめている様子

エクセルもGoogleスプレッドシートもやることが同じなのに、なんで昔からあるエクセルではなくてGoogleスプレッドシートを使うの?と思われる方も居るでしょう。

先ほどもお伝えした様に、「WEB上で使える」というのが選ばれる理由のひとつではないでしょうか。もちろん、エクセルでも相手と共有することが出来ますが、Googleスプレッドシートでは「リアルタイムで・複数人と」共有することが出来ます。

そして一番の選ばれる理由として挙げられるのが、「無料」という事です。Googleアカウントさえあれば無料で使用できる、というのがOfficeソフトをインストールするよりも手軽な為、使用する企業・個人が増えています。

エクセルとは違う「Googleスプレッドシート」のデメリット

最初に、先に説明した「選ぶ理由」がGoogleスプレッドシートのメリットと言えますので再度確認しておきましょう。

  • WEB上で使える
  • リアルタイムで複数人と共有
  • 無料

これだけのメリットを備えている上に、操作方法もエクセルとほぼ変わらないという点でGoogleスプレッドシートを使用している方が多いかと思います。しかし、無料で使えるというだけあってGoogleスプレッドシートにもデメリットがあります。

表計算以外にもグラフ作成やSmartArtなどの機能を備えているエクセルと比べてしまうと、グラフ作成の機能などがGoogleスプレッドシートは劣っていると言えるでしょう。グラフ作成が出来ない、という訳ではありませんが、エクセルに比べると多少やりにくい、と感じる方も多いようです。

また、WEB上で作業が処理されるため、エクセルに比べると計算の処理スピードが多少落ちる、とも言われています。膨大な量の計算処理をするとなると、やはりエクセルを使用した方が良いでしょう。

エクセルと「Googleスプレッドシート」どちらを学ぶべき?

さて、ここまでエクセルとGoogleスプレッドシートの違いをお話してきましたが、実際表計算ソフトを学ぶならどちらを学べばいいの?と思われた方もいるでしょう。

正直、今会社で使用しているソフトを優先したり、必要としているのが表計算なのかグラフ作成なのか、という点にもよるかもしれません。けれども、おすすめとしては「エクセル」を学んでおくべきでしょう。

エクセルを学んでおけばGoogleスプレッドシートでほとんど応用が効きますが、Googleスプレッドシートを学んだだけではエクセルを使うのは難しく感じる場合があります。エクセルの知識がある程度ある、という方であればGoogleスプレッドシートを使うのも難しくはありません。

現在の職場でエクセルを使用していない、という方でも、表計算を使う予定があるのであればエクセルを学んで損はないでしょう

自分のスタイルに会った勉強方法を選ぼう

仕事をしているデスクを真上から撮影した写真

今回の記事では、「エクセルとGoogleスプレッドシートの違い」について説明していきましたが、それぞれにメリットデメリットがあります。自分の会社で使われているソフトの知識を付けるのは当たり前ですが、これから転職活動・就職活動をする予定の方はマイクロソフトオフィスソフトを学んでおく、というのは間違いないでしょう。

今回の記事を読んで、エクセルはある程度使えるからGoogleスプレッドシートについて知りたい、という方にはこちらのGoogleドライブツール専門の講座もご用意しています。

その他にも、自分のスタイルに合わせて学べるコース・講座をご用意しているので是非noaのパソコン講座をチェックしてみて下さいね。