広告関係の営業。DTPを学んだことで仕事で役立ってます!

こんにちは、スタッフの武元です。今日は新卒で5年、広告関係の会社で営業をされている大仲さんにインタビュー。

ノアでは、DTPの勉強をして、イラストレーターとフォトショップの資格を2つ取得済。これからの活躍が楽しみですね!

 

習いに来たきっかけは?

広告関係の会社で営業をしていて、パンフレット、カタログ、チラシなどを作ってます。お客さんと話した内容を社内に持ち帰って、デザイナーさんに作ってもらうんですけど、イラストレーターやフォトショップは全く出来なくて。知ってるとやりとりがスムーズにいくかな?と思ったのが勉強のきっかけです。
例えば、お客様に「こういうの出来る?」と聞かれても、出来る出来ないもわからない。結局、デザイナーに聞かないと答えられないから「確認してまた連絡します」ばかり。知識がないことが致命傷だな、、、、と気付きましたね。

あと、もう一つ理由があって、将来の事を考え、自分にスキルや資格が欲しいって思ったんです。元々、デザインやものを作ることは興味があったので、デザインが出来上がっていく工程を見てると、自分で作りたい!って思う気持ちも強くなってきて。それなら興味がある事のスキルをつけようと勉強を考えました。

勉強してみて、仕事に変化はありましたか?

良かった事は、たくさんありますよ~

ひとつは、納品までのスピードです。その場で。ある程度のデザイン案を考えることができるようになったから、やりとりが短縮できてます。時間がたつと、お互い忘れるし話が変わってきたりするんですよね…、スピードは大事です。

信頼度もUPしましたね。自分で判断できることが増えたから、会話の内容が変わったんです。この人に言えば大丈夫。って思ってもらえるようになったんじゃないかと思います。

では、最後に今後の目標は?

今27歳なんですけど、環境が変わっても、どこでも働ける人でいたいです。できることを増やして、1つしかできないよりは、何個か選択肢を持ってたい。そしたら、どこでも生きていけるかな(笑)
勉強したことで、営業以外の仕事の選択肢が増えたので、来年は転職活動をする予定です。また相談させてください。

 

大仲さん、ありがとうございました!卒業しても就職相談はいつでも歓迎です。また連絡くださいね。

実は結婚の予定もあり、関西を離れるため、転職をするそうです、スキルや資格があれば自信につながりますね^ ^
いつ何があってもいいように、みなさんも準備しておきましょう!