wordは共同で編集する事が出来る!共有する方法とは?

wordで文章などを作成して、上司に提出した時に口頭で修正点を注意されるなんて事はありませんでしたか?もしくは、手書きのメモを渡されたり…現代そんな手間をかける方は少ないとは思いますが、wordには他の人と共同で編集をする事が出来る機能があります。wordの機能を使い共同で編集が出来るようになると、仕事中のコミュニケーションもスムーズになります。また、何度も伝達をして手間をかけて作業するよりもかなり効率が良くなりますね。共同で編集するにはいくつか手順を踏まなくてはなりませんが、覚えておくと大変便利なのでこの記事で是非覚えてみて下さい。

現代は書類をクラウドで保存できる

一昔前のofficeを使用していた時代の方は、クラウドと言ってもピンとこない方も多いかもしれません。解りやすく言うと、パソコン上ではなく、インターネット上でファイルなどを共有・使用することが出来るサービスです。今使用している方が多いGmailなどもクラウドサービスの一つです。クラウドサービスを利用することにより、今回紹介するようなwordやexcelなどのofficeのファイルを共有して作業する、という事が出来ます。

wordを共同で編集するためには

wordを共同で編集するためには、まず共有したいデータをクラウド上に保存することが必要です。Microsoft officeを使用している方であれば、「Microsoft OneDrive」というサービスを利用してクラウド上にデータを保存することが出来ます。「Microsoft OneDrive」を使用するには、Microsoftアカウントが必要となるので注意しましょう。

「Microsoft OneDrive」にデータを保存することが出来れば、簡単にwordを共同で編集できるようになります。Microsoftアカウントを取得すれば、データの保存先で「Microsoft OneDrive」を使用することが出来る上、officeを使う際にも便利なのでMicrosoftアカウントは取得しておくと良いでしょう。

共同で編集するための方法

では実際に、OneDriveに保存したwordファイルを共同で編集する方法を説明していきます。共有したいファイルを開き、右上の「共有」をクリックしましょう。

「共有」をクリック

すると次の画面に変わるので、ファイルを共有したい相手のメールアドレスを入力しましょう。また、任意でメッセージを添付することも出来ます。そうすると相手のメールアドレスに、こちらの共有可能なファイルのメールが送付されます。

メールアドレスを入力

もしくは画面下部の「共有リンクを取得」より、直接アクセス可能なリンクを取得することが出来ます。こちらであればchatworkやSlackなどのアプリからの送付も可能ですね。

共有リンクを取得

共同編集をしている時に便利な機能

他の人と一緒に編集をしている時、自分が修正した箇所・相手が修正した箇所が解りやすくなるように、次のような機能を使用すると良いでしょう。

ホームタブより「検閲」を選択します。タブ内の「新しいコメント」を選択すると、文章内に一言コメントを付け加えることが出来ます。返信も可能なので、変更した場所を説明したり、疑問点を指摘するときなどに使うと良いでしょう。

「新しいコメント」を選択

また、「変更履歴の記録」を見れば、それまでに相手が変更した箇所を確認することも出来ます。この機能を活用すれば、共同で編集する作業もスムーズに進むでしょう。

最新版のofficeを使った方が良い

この「wordで共同編集をする」場合、気を付けて欲しいのが「新しいofficeを使用する」事です。古いofficeだとまず共同編集自体が出来ない、という場合があります。また、細かい機能なども古いofficeと新しいofficeでは違いが出てきます。相手方とのやり取りで不具合が起こる可能性もあるので注意しましょう。

officeを使いこなすには

今回はwordを共同で編集するためにはどうしたらよいか、という記事でしたが、そんなに難しい事ではなかったかと思います。いつもと保存先を変え、共有の仕方を覚えるだけで、誰かと作業するのがとてもスムーズになりますね。クラウドについても少し説明させて頂きましたが、今はOneDrive以外にも様々なクラウドサービスがあります。中でもOneDriveはofficeとの互換性が高く、wordなどのofficeファイルを共有するには適しているクラウドサービスと言えるでしょう。

このように、昔のofficeとは違い現在はクラウドサービスがofficeを使うにあたって必要な知識となってきます。それ以外にも、昔のofficeと現在のofficeでは変更されている点が多数あります。もし、「自分の知識は古いofficeのままだな…」と感じることがあるのであれば、一度基本からスクールで学び直してみるというのはいかがでしょうか?スクールでは基礎から応用まで、最新のofficeに関して学ぶことが出来ます。もし気になったならば、是非入学を検討してみて下さい。

Wordの基礎を学ぶ講座はこちら