グーグルスライドを最大限に活用するデザインの活用とコツ

グーグルスライドは、パワポやkeynoteと比べるとプレゼンレーションの場面で登場する機会が少ないツールですが、活用すれば実はどのスライドソフトよりも効果的なプレゼンテーションスライドを作成できるツールです。本記事では、グーグルスライドを活用するために抑えておくべき活用方法とデザインのポイントについて考察します。

グーグルスライドとパワポの違い

グーグルスライドとパワポの一番の違いは、オンラインかオフライン編集かという点です。

グーグルスライドは、インターネット上で同じファイルを同時並行で編集できる

発表資料にグループ全員の意見を反映させたい、こんなことありますよね。そんなときは、グーグルスライドが効果的です。インターネットに接続していれば、同じファイルを同時に編集できるし、誰かが編集した内容が見られます。同じ作業内容を他の人と見れる、それがグーグルスライドです。

パワポは、インターネットが無くてもファイルを編集できる

電車の中や自宅で作業したい、こんなことありますよね。そんなときは、パワポが効果的です。ファイルを開けば、編集した内容をワンクリックで保存できるし、オフラインなので、保存されない危険を回避できます。毎回の編集内容をしっかり反映できる、それがグーグルスライドです。

複数人で同時並行して進めるプロジェクトであれば、グーグルスライドをおすすめします。パワポは、個人で研究発表やセミナーで発表する場面で活躍するでしょう。オンラインで編集履歴が確認作業が完了するグーグルスライドは、編集権限を持ちたい人に最新の作業内容をすぐに共有できる最強のツールであると考えます。

グーグルスライドでできることとその方法

編集中のスライドを他の人と共同編集できる

3人目の人が2人目の人の編集内容を見れない、こんなことありますよね。そんなときは、編集権限機能が効果的です。3人目の人のGmailアドレスを追加すれば、3人目の人が編集できるし、2人目の人の編集内容を見ることができます。3人が同じ編集内容を同時に見ることができる、それがグーグルスライドです。

編集権限機能を設定する方法

  1. 「共有」を選択する
  2. 特定のユーザーやグループに「共有」をする

「ユーザーやグループを追加」にメールアドレスを追加する

  • 「コメント」のみの許可をする場合
  •   「編集者」を選択する
      「閲覧者(コメント可)」を選択する

  • 「閲覧」だけしてほしい場合
  •   「編集者」を選択する
      「閲覧者」を選択する

  • 共有したことに気づいてほしい場合
  •   「通知」のチェックマークをそのままにして「送信」を選択します
       ※何かひとこと付け加えたい場合
       ・「メッセージ」を選択する
       ・メッセージを追加する
       ・「送信」を選択する

  • 共有したことに気づいてほしくない場合
  •   「通知」のチェックマークを外す
      「送信」を選択する

  • 不特定のユーザーやグループに共有したい場合
  •   「リンクを取得」を選択する

      「リンクを知っている全員に変更」を選択する

観客の顔を見ながら話すことができる

発表中に原稿を見れない、こんなことありますよね。そんなときは、スピーカーノートが効果的です。手元のパソコンに表示すれば、発表中のスライドを確認しながら原稿を読めるし、発表開始から時間を確認しながら全体の発表時間を逆算することができます。観客とのアイコンタクトを忘れない、それがスピーカーノートです。

スピーカーノートの設定方法

  1. 「プレゼンテーションを開始」を選択する
  2. 「ノート」を選択する
  3. 「スピーカーノート」を選択する

見やすいフォントに設定できる

スライドの文字が無機質で読みづらい、こんなことありますよね。そんなときは、フォント設定が効果的です。共通のフォントを設定すれば、すべての原稿がすっきりまとまって見えるし、アクセントのフォントを設定すれば、文章に変化をつけることができます。聞き手の読みやすさにそっと寄り添う、それがフォント設定です。

フォントの設定方法

  1. テキストをダブルクリックする
  2. 「フォント」を選択する
  3. 使用したいフォントを選択する

スライドの中に動画を埋め込むことができる

動きのあるシーンや瞬間を説明できない、こんなことありますよね。そんなときは、動画を埋め込むことが効果的です。再生時間を設定すれば、見せたい映像だけ見せることができるし、1枚のスライドに複数の動画を埋め込めば、比較することができます。グーグルスライドの可能性を広げてくれる、それが動画です。

動画の挿入方法

YouTubeの動画を入れたい場合
  1. 「挿入」を選択する
  2. 「動画」を選択する
  3. 「検索」を選択する
  4. 検索窓に検索キーワードを入力
  5. 入れたい動画を選択する
  6. 「選択」を選択する
動画の大きさを変えたい場合
  1. 「サイズと回転」を選択する
  2. 「サイズ」を選択する
  3. 「幅」と「高さ」に数字を入力
動画の比率をそのままにしたい場合
  1. 「サイズと回転」を選択する
  2. 「アスペクト比を固定する」を選択する
特定の部分だけを再生したい場合
  1. 「動画の再生」を選択する
  2. 開始時間を選択する
  3. 開始時間を入力する
  4. 終了時間を選択する
  5. 終了時間を入力する
動画のスライドになったら自動で再生したい場合
  1. 「動画の再生」を選択する
  2. 「プレゼンテーション中に自動再生」を選択する
動画のスライドで自分が話したい場合
  1. 「動画の再生」を選択する
  2. 「音声をミュート」を選択する
動画の位置をプレゼンテーションの中で選択したい場合
  1. 「位置」を選択する
  2. プレゼンテーションの中央にしたい場合
    1. 最小「中央」を選択する
    2. Xを0に、Yを0にする
    脇に持ってきたい場合
    1. 最小「左上」を選択する
    2. Xを0に、Yを0にする
    動画の奥行き感を出したい場合
    1. 「ドロップシャドウ」を選択する
    2. 透明度・角度・距離・ぼかし半径を設定する
    3. (ちなみに画像は、「透明度」 3 %、「角度」 164 %、「距離」 3 、「ぼかし半径」13です。)

    動画が決まっている場合
    1. 「挿入」を選択する
    2. 「動画」を選択する
    3. 「Google ドライブ」を選択する
    4. ※動画は予め自分のドライブ入っている必要があります。

    5. 「マイドライブ」を選択する

    6. 「共有ドライブ」を選択する

      ※共有されたビデオがある場合
      「共有アイテム」を選択する

      ※最近使用したビデオがある場合
      「最近使用したファイル」を選択する

    グーグルドキュメントにグーグルスライドを挿入することができる

    スライドの順番を変更するとスライドの案内ができない、こんなことありますよね。そんなときは、グーグルドキュメントにグーグルスライドを挿入すると効果的です。リンク機能を設定すれば、グーグルドキュメントから指定したグーグルスライドを新しいタブで表示することができるし、グーグルドキュメントでグーグルスライドの見た目を確認することができます。文章でスライドを指定できる、それがリンク機能です。

    グーグルドキュメントからグーグルスライドを開く方法

    1. 貼り付けたいグーグルドキュメントを開きます
    2. グーグルドキュメントの中でグーグルスライドを選択する
    3. 右上のリンクを選択する
    4. 「ソースデータを開く」を選択する

    リンク機能の設定方法

    1. 「編集」を選択する
    2. 「コピー」を選択する
    3. 貼り付けたいグーグルドキュメントを開き、「編集」を選択する
    4. 「貼り付け」を選択する
    5. 「プレゼンテーションにリンク」を選択する
    6. 「貼り付け」を選択する

    グーグルスライドやパワポ で使えるデザイン

    ふきだしでアクセントをつける

    平坦な文章で強調すべきポイントがわからない、こんなことありますよね。そんなときは、ふきだしを使うと効果的です。スライドにふきだしを挿入すれば、聞き手の注意を誘うことができるし、伝えたい情報をわかりやすくできます。わかりやすい情報を提示できる、それがふきだしです。

    Before:シンプルですが、同じ情報が羅列されているだけです。

    After:どちらなのかという問いかけがうまくなされています。

    ふきだしを挿入する方法

    1. 「図形」を選択する
    2. 「吹き出し」を選択する

    余白の幅を揃える

    文章の長さがバラバラで読みづらい、こんなことありますよね。そんなときは、余白の幅を揃えると効果的です。余白の幅を揃えれば、伝えたいことをまとめることができるし、文全体を安定することができます。バラバラな情報をまとめることができる、それが余白の幅を揃えることです。

    Before:左右の余白がバラバラで、読みづらいです。

    After:左右の余白が同じ長さで、読みやすくなりました。

    余白の幅を揃える方法

    1. 「レイアウト」を選択する
    2. 「タイトルと本文」を選択する
    3. 「配置」を選択する
    4. 「中央」を選択する

    わざと文頭と文末をずらす

    情報の優先順位がわかりづらい、こんなことありますよね。そんなときは文頭と文末をずらすと効果的です。文頭と文末をずらせば、1番伝えたい情報を目立たせることができるし、1枚のスライドがすっきりとまとまって見えます。印象的な情報を伝えることができる、それが文頭と文末をずらすことです。

    Before:揃っていますが、印象に残りません。

    After:「ももたろう」の文字が印象に残ります。

    文頭と文末をずらす方法

    1. 「レイアウト」を選択する
    2. 「タイトルと本文」を選択する
    3. 「配置」を選択する
    4. 「中央」を選択する

    わざと文字をずらす

    スピーカーの堅い語り口が残ってしまう、こんなことありますよね。そんなときは、文字をずらすと効果的です。文字をずらせば、勢いのある言葉を作成することができるし、アクセントのある文言を追加することができます。ちょっとした変化のある言葉を伝えることができる、それが文字をずらすことです。

    Before:すっきりとしているが、棒読みのような印象です。

    After:スライドから語りかけられているような印象です。

    文字をずらす方法

    1. 「テキストボックス」を選択する
    2. 「さぁ、鬼をやっつけにいこう 」を入力する
    3. 「配置」を選択する
    4. 「中央」を選択する
    5. 「テキストボックス」を選択する
    6. 「!」を入力する
    7. まるを選択するしたまま、カーソルを右に持ってきます

    文字の大きさと太さを変える

    伝えたいメッセージが淡白になってしまう、こんなことありますよね。そんなときは、文字の大きさと太さを変えると効果的です。大きさを変えれば、緩急をつけることができるし、太さを変えれば、しっかりとした口調に変えることができます。スピーカーの話し方を表現することができる、それが文字の大きさと太さを変えることです。

    Before:文字だけが泳いでいるような印象です。

    After:言葉が強調されている印象です。

    大きさを変える方法

    1. 「川」を選択する
    2. 「もっと見る」を選択する
      • フォントサイズが決まっている場合
      • 「フォントサイズ」を選択する
        フォントサイズを入力する

      • フォントサイズが決まっていない場合
      • 「フォントサイズを拡大」を選択する

    太さを変える方法

    1. 「川」を選択する
    2. 「太字」を選択する

    色の数を少なくする

    情報を整理できない、こんなことありますよね。そんなときは、色の数を少なくすると効果的です。色を決めれば、無駄な情報を削ることができるし、すべてのグーグルスライドに統一感を出すことができます。伝えたいことを簡単にまとめることができる、それが色の数を少なくすることです。

    Before:色が多すぎて、何を読みとっていいのかわかりません。

    After:読み取るべき情報が整理され、すっきりとまとまった印象です。

    色を考えるときのコツ

    文字色の数は、グーグルスライド全体を通して4色です。

    • メインカラー
    • 背景色

    • タイトルカラー
    • 見出し

    • サブカラー
    • 本文

    • アクセントカラー
    • 強調したい文字

    色を変える方法

    1. 「サル」を選択する
    2. 「もっと見る」を選択する
    3. 「テキストの色」を選択する
    4. 「暗い赤 1 」を選択する

    写真を大きく使う

    かっこいいグーグルスライドにできない、こんなことありますよね。そんなときは、写真を大きくすることが効果的です。大きい写真を使えば、写真と文字の関係性をぱっと見て確認することができるし、写真だけでそのスライドの内容を伝えることができます。直感的に伝えることができる、それが写真を大きく使うことです。

    Before:文章を読んでいるような印象です。

    After:見出しが変わり、写真の余白に文字が挿入され、楽しいデザインになりました。

    写真を挿入する方法

    1. 「挿入」を選択する
    2. 「画像」を選択する
    3. 「パソコンからアップロード」を選択する
    4. 画像を選択する

    イラストを使う

    文字だけだとつまらない、こんなことありますよね。そんなときは、イラストを使うことが効果的です。イラストを使えば、イラストだけで内容を確認することができるし、文字を際立たせることができます。文字量のバランスを調整することができる、それがイラストを使うことです。

    Before:文章を読んでいるような印象です。

    After:固有名詞と画像が同じ情報で括られているので、わかりやすくなりました。

    イラストを挿入する方法

    • サルの画像を挿入する
    1. 「挿入」を選択する
    2. 「画像」を選択する
    3. 「パソコンからアップロード」を選択する
    4. 画像を選択する
    5. ダブルクリックする
    6. 黒い線をきびだんごだけにもってくる

    まとめ

    • ネットがあるなら、グーグルスライドがおすすめです。ないなら、パワポ がいいでしょう。
    • グーグルスライドは、共同編集ができる・動画を挿入できます。
    • デザインでグーグルスライドの見やすさは変わります。
    • グーグルやパワポは、読ませず理解させましょう。