スマートフォンサイトを表示する

0120-865-866[各校共通] 受付時間:(平日)10:00~21:00/(土日)10:00~17:00

20代・30代の事務職女子が「コミュニケーション講座」を学ぶ理由は?

こんにちは、スタッフの武元です。

昨日スタートしたコミュニケーション講座を受講された生徒さんにインタビューをしてみました。

ヒューマンスキルの勉強って
「必要なのはわかるけど、何をしたらいいんだろう?」
と思っている人が多いんです。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。


協力してくれたのは、この2人。
 

社会人歴18年のえっちゃん(39歳) 一般事務

社会人歴4年のナカちゃん(26歳) 一般事務

k1-1.jpg
 

◆なぜコミュニケーション講座を?

<えっちゃん>


「年齢に見合った仕事ができるようになりたくて」です。

40歳を目前にして先のことを考えないと!と焦って、ノアにスキルアップの相談に来たのがきっかけです。

同じ会社で長く勤めていると、
社歴と年齢に自分のスキルが比例しているかな?
先輩という立場として仕事が出来ているかな?
周りに頼ってもらえる十分なスキルがあるかな?
って不安になる時があるんですよね。

会社ではそういう相談ってしなくって…
ノアで武元さんにお話を聞いてもらって、乗り越えないといけない壁がたくさんあるなと実感し、スキルアップしようと思いました。
 

<ナカちゃん>


「話しかけやすい人とか、仕事がしやすいって周りの人に思ってもらえる人になりたくて」です。

もともとコミュニケーションは苦手で。
大切だとは思ってたんですけど、そんなに優先順位は高くないかなぁ~って思ってて。
でも、いわゆる自己啓発本は気になって読んではいました。

きっかけは、ノアで受講された方がこう変わった!という体験談の話を聞いて、
私ももっとできるようになりたい!
職場で「話しかけやすい人」になりたい!って思ったからです。
そのほうが仕事しやすいですもんね。
 


ki-3.jpg
 


◆授業を受けてみてどうだった?

<えっちゃん>

仕事をスムーズにするには、「傾聴」と「思いやり」!


授業で面白いゲームをやったんですけど、
相手を思いやる気持ちの深さにより、聞いている・聞いていないに違いが出るという事を実感しました。
コミュニケーションで大切なのは“相手のことを知ること・耳を傾けること”というのが今日の学びです。
 

仕事では自分の業務をすることに集中し、後輩や上司への言い方や伝え方によって周りにどう思われているかまで意識できていませんでした。
社歴が長いので、特にそうなってたんでしょうね。
相手の事をあまり考えれていなかったなぁって反省しました。思いやり、ですね。

話しかけてもらうのを待つんじゃなくて、自分から話しかけたり、自分からオープンに話をすること。
これを、明日から仕事で意識していこうと思います。

 

<ナカちゃん>


コミュニケーション能力向上には「脱自分本位」だということがわかりました。

今日のゲームで気づいたんですけど…
私、相手が聴いてくれていると思って一方的に話をしてたんですよー!

今までは自己啓発本を読んで「分かったつもり、出来ているつもり」になっていたんだと思います。
本で読むのは、インプットだけをしている状態で、アウトプットをしていなかったため、結局出来ていませんでした。

 
あと、話しかけやすい人って、元々その人が持っている雰囲気だと思って半分あきらめてたんですけど、授業を受けてみて、自分を変えることができるということに気付いていなかっただけだって分かりました。
自分がこう聴いてほしいという態度で相手の話をちゃんと聴こうと思いました。

特に、「ながら聞き」は家族と話す時にしていたので(笑)
職場だけではなく、家族や友達と話をする時にも意識して「雰囲気変わったね」と思ってもらえるよう、努力をしてみようと思います。

k1-2.jpg


ナカちゃん、えっちゃん、ご協力ありがとうございました♪

ノアでは賢い大人女子が、楽しく働くために必要なスキルとして学んでいます。

今回のクラスは、20~30代の男女。学生から社会人まで様々です。
いろんな年代や立場の人が一緒に学ぶからこそ、たくさんの気付きがあるんですよ。
 

 


他の生徒さんのインタビューはこちら

 

 

kb6.jpg

ページTOP