サイト制作の企画を立てる策士!Webプランナー

Webプランナーの年収の目安:430~500万円※卒業生に行なったアンケート結果より

Webプランナー

Webプランナーとは

Webサイトは、たくさんの情報が整理され掲載されている点で、「雑誌」に似ています。また、ホームページ(indexページ)を入り口として、さまざまな情報のページにつながっている構造から見れば「建築物」にも似ています。
Webプランナーは、このようなWebサイトの編集・設計を行います。また、Webデザイナーがデザイン作業を行っている間に、コンテンツ(Webサイトに掲載する情報)を取材したり企画したりして制作する業務までを担当する場合もあります。
「Webプランニング」と「Webデザイン」は設計段階という意味では一体の作業ですが、プランニングもデザインもそれぞれ重要かつ作業量が多いため、基本設計を行うプランニングと形にする作業を行うデザインを、分けて進めるケースが多くなっています。

Webプランナーに必要な能力

質の高い仕事ができるWebプランナーは、お客様からの要望に対応するだけでなく、提案も行うことができます。言い換えるとWebプランナーの提案力と情報収集力がWebサイトの品質を左右するといっても過言ではありません。
また、企画書を作成しお客様に提案すると同時に、サイトマップや仕様書を作成して具体的に制作プロジェクトのメンバーに伝える必要があります。表現したい内容によっては、イメージや色、フォントまでを具体的にWebデザイナーに指示するなど、仕事がやりやすくなるような配慮もしなければなりません。そのためのコミュニケーション能力や、表現力も必要とされます。

Webプランナーになるには

Webプランナーになるには大きく分けて2通りの道があります。営業職から、Web制作に関する知識を積んでより深い企画や提案、Webサイト運営を行う中でWebプランナーになる場合と、WebデザイナーWebディレクターといった制作系の職業の人間が、企画を作成する中で、そちらがメインになっていく場合があります。
未経験からWebプランナーになろうとする場合は、『Webサイトでお金を稼ぐには?』等のテーマを決めて企画書や提案書の練習をしておきましょう。

noaのおすすめコース

WEBプランナーコース

社内のWeb担当を任された方、事務職のエキスパートを目指される方にピッタリのコースです。

189h
¥400,000(税別)
  • 職種
  • アプリ
  • 資格/スキル

Web系

プログラミング系

ネットワーク系

  • サーバ管理者
  • ネットワークエンジニア
  • セールスエンジニア
  • カスタマーサポート/ヘルプデスク
  • プロジェクトマネージャー

インストラクター系

ページTOP