サイト制作チームをまとめるリーダー!Webディレクター

Webディレクターの年収の目安:440~520万円※卒業生に行なったアンケート結果より

Webディレクター

Webディレクターとは

Webサイトの制作には、多くの場合、WebデザイナーWebプログラマー、コーディング担当など、複数の制作スタッフが関わります。Webディレクターはそれらのスタッフをまとめ、プロジェクト全体の進行管理、品質管理を担当する、映画監督や指揮者のような存在です。お客様の要望と、作業状況とのバランスを保てるよう統括し、品質とスケジュールを管理しながらサイト完成へと導きます。
Webサイト制作の仕事は、大抵いくつか掛け持ちの状態で進むため、プロジェクトを効率よく管理する必要があります。また、コンテンツ(Webサイトに掲載する情報)の品質を高めるため、企画や撮影・取材にも積極的にかかわります。場合によっては、WebディレクターがWebの企画自体をも行う、つまりWebプランナーを兼ねることもあります。

Webディレクターに必要な能力

1人のWebディレクターが複数のプロジェクトを同時に担当することも珍しくありません。このため、スケジュールの設計能力と管理能力が求められます。現在どのプロジェクトがどの段階まで進んでいるのかということを把握し、これから必要な工程にどれだけの時間がかかるか見定め、納期を守りながら仕上げなければなりません。
また、同時に品質の高いWebサイトを作り上げるには、幅広い知識(プランニング、デザイン、コンテンツ制作、プログラミング、HTML・CSSコーディング等)が求められます。それぞれの作業自体は各パートの担当者に任せるので、専門能力を極める必要はありません。しかし、それぞれの担当者としっかりコミュニケーションを取るため、最低限の知識は身に付けておく必要があるでしょう。

Webディレクターになるには

Webディレクターは、プランニング(企画提案)やデザインなどの経験を積んだ人間がなることが多いですが、企画力や提案力を磨けば未経験からでも就職・転職をすることは可能です。ただし、Webディレクターは制作の指揮・管理を求められるので、Webサイト作成の一連の流れを理解しておく必要があります。
架空サイトのリニューアルなどを題材に企画書やコンセプトシート(サイトのターゲットやコンセプトを整理したもの)を作る練習をしてみましょう。

noaのおすすめコース

WEBクリエイタープロフェッショナルコース

Webに関する全ての分野を幅広く学べるコースです。

312h
¥777,000(税別)
  • 職種
  • アプリ
  • 資格/スキル

Web系

プログラミング系

ネットワーク系

  • サーバ管理者
  • ネットワークエンジニア
  • セールスエンジニア
  • カスタマーサポート/ヘルプデスク
  • プロジェクトマネージャー

インストラクター系

ページTOP