技術を教える先生!パソコンインストラクター

パソコンインストラクターの年収の目安:350~400万円※卒業生に行なったアンケート結果より

パソコンインストラクター

パソコンインストラクターとは

IT関連の技術を教える仕事をしているのがパソコンインストラクターです。パソコンの基本的な使い方から、ネットワーク、プログラムなどの専門知識まで、教える内容は多岐に渡ります。授業を運営する以外に、テキスト作成や指導方法の研究なども行う場合があります。
活躍の現場としては、パソコンスクールや大学での情報関連の講座、資格対策講座などで教えるのが一般的ですが、企業に特化されたソフトやシステム、市民講座や企業研修などを指導するインストラクターも存在し、活躍の現場は広がっています。

パソコンインストラクターに必要な能力

担当講座で教えるアプリケーションや資格についての知識だけでなく、それを分かりやすく・楽しく教えるための能力も必要不可欠です。教える相手に対して、理解してほしい、分かってほしいと思う気持ちをもって接する対人能力や、受講対象者によって臨機応変に授業を組み立てる能力も必要でしょう。

パソコンインストラクターになるには

一番の近道は、Web制作の実務を積んだり、Office系の資格を取得した後、パソコンスクールのサブインストラクターになることです。また、WebディレクターWebデザイナーWebプログラマーといったWeb関連の職種で働く人が、教える技術を習得してパソコンインストラクターになることもあります。

noaのおすすめコース

ビジネスPCインストラクターコース

PC知識・技術習得、資格取得しながら、インストラクターを目指すコースです。

317.5h
¥589,000(税別)
  • 職種
  • アプリ
  • 資格/スキル

Web系

プログラミング系

ネットワーク系

  • サーバ管理者
  • ネットワークエンジニア
  • セールスエンジニア
  • カスタマーサポート/ヘルプデスク
  • プロジェクトマネージャー

インストラクター系

ページTOP