情報と情報をつなぐ技術士!ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアの年収の目安:420~530万円※卒業生に行なったアンケート結果より

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは

私たちが普段利用しているインターネット、電車のダイヤや銀行のATMなど、リアルタイムで情報をやり取りする場合には、ほとんどネットワークシステムが使用されています。
ネットワークエンジニアはそういったネットワークシステムの、設計、構築、運用、管理をします。 お客様の要望に合わせたネットワークの設計をしたり、ネットワークの中心になるサーバの構築、運用などを行ったりと、多くの場面で活躍できる仕事です。

ネットワークエンジニアに必要な能力

例えばトラブルが起こった際、どこに問題があるのか、どうすればそれを特定できるか、そして改善できるかを整理して考えられるのが一人前のネットワークエンジニアです。そのため、論理的に考える能力やネットワークに関する専門知識が必要と言えます。
また、業務の専門性が高くなるので、知識のない顧客に、トラブルの原因や設計したネットワーク構成について説明するためのコミュニケーション能力も必要となります。

ネットワークエンジニアになるには

ルーターやサーバーなどのネットワーク機器は、豊富な設定・構築の経験がものを言います。実機講習を受けて実地に学ぶことが重要です。Linux環境などはOSや機器が比較的安価で、自力で構築することもできるものですから、どんどん取り組み、客観的な知識と並行で身に付けていきましょう。

noaのおすすめコース

ネットワークエンジニア養成コース(CCNA+LPIC)

「CCNA」+「LPIC」の取得と、ネットワーカーに必要なスキルを習得することを目指すコースです。

196h
¥586,000(税別)
  • 職種
  • アプリ
  • 資格/スキル

Web系

プログラミング系

ネットワーク系

  • サーバ管理者
  • ネットワークエンジニア
  • セールスエンジニア
  • カスタマーサポート/ヘルプデスク
  • プロジェクトマネージャー

インストラクター系

ページTOP