資格とキャリアのスクール noa あべのハルカス校ブログ

2020.01.05

コラム【デザイン制作現場のルール Vol.2】写真の解像度チェック、してますか?

あけまして、おめでとうございます!ノアのきただです。
2020年もよろしくお願いします♪
 

さて、デザイン制作現場のルール第2回目は、
「写真の解像度チェック、してますか?」
です。


制作現場では、グラフィックソフトを使えるのは当たり前(使えないと仕事にならないので…)。

その上で、現場独自の用語やルールに慣れていきましょう!


今日は、Photoshopでよくする作業の一つ、「解像度のチェック」をご紹介します。

「解像度」っていう用語、ご存じですか?

(ここでは長くなるので、「写真 解像度」で検索してみてくださいね!)


雑誌や広告などの印刷物に使う写真は、紙面サイズで「350dpi」必要と決まっています。

(最少でも300dpiでぎりぎり…)


画像が350dpi以下になっていると、印刷したときに、粗く見えます。

自分の趣味用なら写真が粗くてもまぁいいかもですが…仕事をする場合は、要注意!

今は、読者が写真の目が肥えている時代なので、写真の画質はとっても大事です。


紙面に使う写真は、カメラマンが撮影する場合もありますが、
クライアントからもらう場合が一番多いです。

なので、現場のデザイナーの仕事としては、

クライアントからもらった画像データの解像度が350dpiあるかどうかを最初にチェックして、

350dpi以下の写真しかない場合は、クライアントに画像データをもらい直す必要があります。

チェック方法は、Photoshopで「イメージ」<「画像解像度」からチェックしてくださいね!

2020010501.jpg


クライアント自身は制作の知識はないので、
再度写真データがなぜ必要なのかをわかりやすく伝えてあげてください。

「dpi」と伝えても、さっぱりわからないと思うので、

「MB(メガバイト)」で伝えて、3MB以上の画像データをもらうと安心(A4サイズで使用の場合)です。


たまに、クライアントから「ホームページ上の写真を使って」と言われることもありますが、

そもそもWEBサイト上の写真の解像度は、「72pdi」と小さいので、印刷には耐えれません。

「写真ないな~」と言われたら、粗くなることを伝えて、
紙面の写真を別のものに変えるようにしていました。


写真をもらい直すタイミングは、デザインの「カンプ」が完成して、
クライアントに見せる時が多いですね。

カンプというのは、制作物の仕上がりを見るために作られる「見本」のこと。

クライアントによるデザインチェックの段階で、「この写真はいらない」となることも多いので、

最終のデザインが決まってから、写真をもらうほうがロスが少ないです。


それまでの過程で、写真の解像度が350dpi以下だっけ?とわからなくなるのを防ぐために、

現場では、あとあと画像データを差し替える必要がある、という目印として、

画像の上に「アタリ」という文字を入れておきます。


「アタリ」画像というのは、レイアウトやデザインの際に一時的に使用する画像のこと。

制作現場では、「アタリ」と入っている画像=「後で差し替えが必要」というルールになっています。


ただし、クライアントに見せるときは、「アタリって何?何か当たったの?」と

聞かれることも多かった(笑)ので、

メモで「アタリは、解像度が軽い目印です」などと注意書きもしていました。


カメラマンが撮影した写真だと、納品時には基本的に5MB以上の画像データを
納品してくれるので安心ですが、
自分がスマホで撮影して写真を使う場合が要注意。

2020010504.jpg


ついつい元の写真データを消してしまった…!なんてことも。

おすすめは、スマホの写真データは、バックアップを取っておくこと。

GoogleフォトやGoogleドライブなど、クラウド上に保存しておくと便利ですよ。

デザインの仕事では、さまざまなITツールを活用して、データのやり取りや保存を行っています。

ノアに通学している間に使って、慣れていきましょう♪


<コラム対象講座>

Photoshop

DTPデザイン制作


<back number>

・Vol.1 デザインの仕事の流れって?

http://noa-wa.co.jp/harukas/archives/2019/12/-vol1.html

・Vol.0

http://noa-wa.co.jp/harukas/archives/2019/12/-vol0.html